レーザーを駆使する|救命器具となるAEDの値段はいくらなのか|設置しておくと安心
作業員

救命器具となるAEDの値段はいくらなのか|設置しておくと安心

  1. ホーム
  2. レーザーを駆使する

レーザーを駆使する

男の人と女の人

レーザーは虫眼鏡のように様々な方向の波長の光を一つに集めることで凄まじい威力を発揮します。レーザー溶接の仕組みとしては、レーザーの光を照射し、材料の融点まで上げて溶かすことにより穴ができ、それを凝固させるということを繰り返し行うことです。それだけではなく、文字や図などをマーキングしたり汚れなどをすぐに吹き飛ばしたりするなど多岐にわたって活用されています。溶接ではあらかじめ溶接した部分が酸素に触れないように低圧のガスを吹きかけて行います。変色や変形をもたらさないように適切な量のガスを使うという配慮も行われています。

レーザー溶接のレーザーは光学系のレンズで光を凝縮して集めることによって高いエネルギーを得ることができます。従来の溶接では高いエネルギーが得られないまま溶接を行っていたため、手間がものすごくかかっていました。エネルギーが高いことは、溶接の手間を省くことに繋がります。また、より深部まで掘り下げて溶接できるようになります。さらにレーザー溶接を行った時に電圧や電力等の影響を減らすという利点も生まれるのです。溶接の方法として電子ビームというものがありますが、これと比較してもレーザー溶接の方がメリットが大きいといえます。例えば、電子ビームには真空の状況下で作業を実施する必要があるという特徴があります。一方、レーザー溶接にはそのような環境は必要ありません。環境に左右されることがないという点は、レーザー溶接の大きな利点なのです。