作業員

救命器具となるAEDの値段はいくらなのか|設置しておくと安心

  1. ホーム
  2. きめ細やかな対応

きめ細やかな対応

クレーン

最善の状態を保つ

クレーンの点検は、まず労働災害の防止のために行われます。クレーンは大型機械で、多くの部品や金属から構成されています。ボルトやナット・ワイヤーという部品の緩みがないか、しっかりと確認することで万一の事態を防ぐことができるのです。技能水準の向上を図るという意味でも、クレーンの点検は行われています。工事現場や建築現場では、常にベストなパフォーマンスが求められます。そのため、常時最善の状態を維持することが求められます。新たな機能を搭載したり、部品の交換を行うといった観点からも、点検は必要なプロセスなのです。点検は、クレーンの表面にサビ止めのグリスや融雪剤を塗る目的でも行われます。表面にサビ防止剤を塗ることで、機械がより長く使えるようになります。

サポート体制が万全

クレーン点検が注目されている理由として、業者の対応が親切であることが挙げられます。クレーン協会が実施する、安全教育を修了したスタッフがメンテナンス業務に携わってくださいます。彼らは、機械設備や電気制御などの専門知識に長けているため、あらゆるメーカーのクレーンメンテナンスに柔軟に対応してくださいます。依頼してからすぐに駆けつけてくださることも、評価を得ている理由の一つです。全国にたくさんの営業所があり、お客様サポートには余念がありません。きめ細やかな対応も注目されています。平素から月次点検・年次点検を行ってくださり、検査当日の荷重試験や動作試験の現場にも立ち会いを行ってくださいます。また、細かな部品単位での洗浄・交換・修理等が可能である点においても高い人気があります。